Mitsuo Takahashi
Official Site

待ちに待った待望の初CD、遂にリリース!絶賛発売中!!

★ご注文方法:お電話またはメールにて
  
  電話番号:046-238-4542  携帯:090-4021-1545
  
  Mail:mitsuo-t@jcom.home.ne.jp



今月のチャット ―― '16年で最も感動した本 ――
(ジャズに関係ない日常所感エッセイ)
高橋が日常経験したり感じたことをチャット - 雑談 - 風にまとめたものです。
 ‘16年度読んだ本は190冊余りであった。その中で最も感動した本ベスト3をあげてみる。まず第1位は外山滋比古著「傷のあるリンゴ」他のエッセイ集である。この人のエッセイはどれも私の心の琴線に触れるものばかり。目から鱗とはこの事だ。その中でごく1例を挙げると「ヒマな人ほど忙しい、忙しい人ほどヒマがある」というもの。身につまされる。第2位は村上春樹訳編「セロニアスモンクのいた風景」ジャズの天才ピアニストであり、変人でもあったモンク。評論家やライブハウスの店主等がモンク自身や有名なニカ夫人などの評伝をまとめたもの。有名なエピソードでも観る人によってこうも変わるのか・・・と感心させられる。著者の村上春樹は毎年ノーベル賞候補となる話題の人だが彼は若い頃私等が入り浸っていたジャズ喫茶「水道橋スイング」でアルバイトをしていた。ジャズへの知識、傾倒ぶりはハンパではない。第3位が津村節子「紅梅」。私はこの人の大ファンである。その夫の吉村昭氏の小説エッセイも大好きである。この「紅梅」は吉村昭氏が舌癌で亡くなるまでの妻としての葛藤を描いたもので、最後に吉村氏が点滴の管を「長く病んでいる人とは思えぬ力で」引きちぎるくだりは涙が出てくる。夫吉村昭の自殺を食い止められなかった妻の自責の念や辛い心情がにじみ出ている。以上が私の選んだ!2016年のベスト3である。やっぱり本っていいなあ!


スケジュール

  エッセー 

最近の活動報告houkoku

「今月のチャット」のバックナンバーは私のブログページに掲載しています。

高橋のブログへ