Mitsuo Takahashi
Official Site

待ちに待った待望の初CD、遂にリリース!絶賛発売中!!

★ご注文方法:お電話またはメールにて
  
  電話番号:046-238-4542  携帯:090-4021-1545
  
  Mail:mitsuo-t@jcom.home.ne.jp



今月のチャット -リオ・オリンピックの感動-
高橋が日常経験したり感じたことをチャット - 雑談 - 風にまとめたものです。
 リオ・オリンピックは色々な面で日本人にとっては感動深い大会であった。それは(1)メダル獲得の絶対数が多かった。(2)メダル獲得の競技の幅が広く連日日替わりヒーローが誕生した。(3)メダル獲得の試合内容が大変エキサイティングで感動的だった。(4)最後の400メートルリレーで感動的な幕切れとなった。(5)今まで余り人気のない競技(カヌーや競歩)でもメダルが取れた。等の諸点が評価できる。地元ブラジルがサッカーで優勝し、当初治安面などに不安を抱えた大会だったが結果的には大成功に終わったと言える。次回の東京大会に向けて大いに期待できる機運ができたのは大きい。その反面、余り感心できない面もあった。勝者となった時の態度は特に要注意である。柔道はさすがに「礼に始まり、礼に終わる」の教え通り好感が持てた。だが一番見苦しかったのはレスリングのスキンヘッドのコーチである。彼は名コーチだそうだがマット上であのバカ騒ぎはないだろう。概してラテン系民族は喜怒哀楽の感情をあらわにする。サッカーでのブラジルの興奮ぶりはまああんなものだろう。だから日本は日本の良さを世界に示すべきではないだろうか。まだ若い選手であればやむを得ない面もあるがいい歳をして選手以上に興奮する姿は全く興醒めである。地球の裏側の大会なので中には連日寝ないで応援した方も多いようだが私の場合はもうそこまで生中継に拘らない。翌日のダイジェストが程よい興奮となって残ったのである。


スケジュール

  エッセー 

最近の活動報告houkoku

「今月のチャット」のバックナンバーは私のブログページに掲載しています。

高橋のブログへ